ブログ

遺品整理業者のサービスの種類について

大切な家族が亡くなったとき、葬儀の準備や様々な書類の手続きなどがあり、親族の方はバタバタすることが多いですよね。

葬儀が落ちついたら、今度は故人の住んでいた場所を片付けなければいけないため、最近では遺品整理業者を依頼する人が増えています。

 

故人が使っていた趣味のものや、貴金属などは形見分けなどを行いますが、衣類や書籍、家電などは引き取る人もいないため、処分が必要になるのです。

そういった遺品整理を行ってくれるのが、遺品整理業者です。

遺品整理業者は粗大ゴミや不良品回収なども行っていることが多く、粗大ゴミや家電の処分方法もスムーズなので、少ない時間で遺品整理を行うことが出来ます。

遺品整理 サービス ブログ01

遺品整理のサービスの種類にはどんなものがある?

 

遺品整理業者について、具体的にどのようなサービスを行っているか知らない人が多いのではないでしょうか。

まずは、遺品整理業者のサービスの種類について解説します。

 

部屋の片付け

 

遺品整理の多くは、部屋の中にある重要なもの(書類や印鑑、通帳、貴金属)以外のものを処分してもらうということが多いです。

故人が住んでいた家に誰か住む場合は、故人が使っていた衣類や布団などを処分する人が多いです。

誰も住まない場合は、家電やタンスなどの粗大ゴミの処分も行うことが多いです。

遺品整理業者のメイン業務は、こういった遺族が使っていた不用品を処分・回収することです。

 

ハウスクリーニング

 

その家を売却する場合などは、清潔である方が高く売れることがあります。

そのため、遺品整理業者にハウスクリーニングを依頼する人も多いようです。

遺品整理業者によっては、部屋の掃除にセットでハウスクリーニングサービスがついている場合もあるので、事前に確認しましょう。

プロが掃除をしてくれるので、以前使っていた時よりもピカピカになるでしょう。

 

原状回復リフォーム/解体作業

 

遺品整理業者のサービスの中には、家の汚れや劣化をリフォームによって直してくれたり、逆に家を解体してくれたりするサービスまで取り扱っている業者があります。

遺品整理業者という名前ですが、「遺品整理に絡む多くのこと」を行ってくれる業者が増えています。

 

遺品の供養、お焚きあげサービス

 

遺族が使っていた大切なものを、供養してくれたり、お焚きあげしてくれたり、遺族が納得・満足できるようなサービスを提供しています。

供養・お焚きあげはオプションサービスですが、利用する人が多いようです。

遺品整理 サービス ブログ02

車やバイクの廃車手続き/遺産相続の相談など

 

故人が乗っていた車やバイクを相続する場合や、相続せずに廃車にする場合、遺品整理業者が代わりに手続きを行ってくれます。

陸運局での手続きなど個人で行うには面倒な手続きを、一つの業者に依頼できることにメリットを感じる人が多く、利用している人が多いようです。

廃車の手続きなどは、遺品整理業者に依頼しなくても個人で行えるものではありますが、葬儀などでバタバタすることが多いので、依頼してしまうと負担が減ります。

 

遺品整理業者のサービス料金について

 

上記で紹介した遺品整理業者のサービスについて、概算の金額をご紹介します。

相見積もりを取ることによって安くなることがありますが、目安としてご紹介します。

 

部屋の片付け

 

・1R、1K:3~8万円

・1DK:5~12万円

・1LDK:7~20万円

・2DK:9~25万円

・2LDK:12~30万円

・3DK:15~40万円

・3LDK:17~50万円

・4LDK以上:22~60万円

 

部屋の片付け、遺品整理にかかる金額は、上記が目安になります。

金額は、片付ける荷物の量・作業員の人数や作業時間などによって変わってきます。

例えば、4LDKの家でも片付ける部屋を2部屋分にしておけば、料金を減らすことが出来るかもしれません。

遺品整理 サービス ブログ03

ハウスクリーニング

 

・1R、1K:1~2万円

・1DK:2~3万円

・1LDK:2~4万円

・2DK:3~5万円

・2LDK、3DK:4~6万円

・3LDK:6~7万円

・4LDK以上:6万~円

 

通常のハウスクリーニングであれば、上記が目安となる値段です。

ご遺体があった場合など、ニオイが気になる場合は、特殊清掃が必要になります。

 

・特殊清掃(1部屋):3万円~

・消臭剤、除菌剤:1万円~

・オゾン脱臭:3万円~

 

特殊清掃は、特殊な器具を使って清掃をしてくれるので、基本的には割高になっています。

賃貸で亡くなった場合などは、特殊清掃を行った方がよい場合もあります。

特殊清掃の場合は、訪問見積りをしてもらってから行うのが一般的です。

 

原状回復リフォーム/解体作業

 

原状回復リフォームは、どこをリフォームするかにって変わりますが、一般的なリフォームと同等の金額がかかります。

自宅解体作業は、1平米2~5万円で引き受けてくれるところが多いようです。

鉄筋コンクリートの場合は、1平米4~6万円と割高です。

遺品整理 サービス ブログ04

遺品の供養、お焚きあげサービス

 

遺品の供養やお焚きあげのサービスの料金の紹介です。

 

・合同供養:~1万円

・自宅訪問供養:2~7万円

・お焚きあげ(段ボール1箱):3千円~1万円

・お焚きあげ(神棚や位牌など):3~5万円

 

遺品整理業者が荷物を回収して、それから供養してくれるサービスは1万円程度で行うことが出来ます。

他の故人との合同供養なので、少し安価になっています。

自宅に訪問してもらって供養してもらいたいという場合は、自宅訪問供養を依頼しましょう。

合同供養よりも割高ですが、故人のことを想えば、自宅で親族に見守られながら供養されるのも喜ばれるでしょう。

お焚きあげも、段ボール1箱から行ってもらえます。

1万円前後で行ってくれますが、神棚や位牌などは少しだけ割高です。

 

車やバイクの廃車手続き/遺産相続の相談

 

車やバイクの廃車手続きは、1万5千円から引き受けてくれるところが多いです。

相続の相談は、無料で行ってくれる遺品整理業者が多いです。

親族同士などでもめている場合は弁護士を紹介してくれることもあるので、困ったら相談するのが良いでしょう。

 

どのサービスをつけるか、見積りを取ることが大切

 

今回は、遺品整理業者のサービスについてご紹介しました。

サービスは豊富ですが、その分値段があがってしまうので、どのサービスをつけて、どこを自分たちでやるのかの取捨選択をするようにしましょう。

また、最近は悪徳業者も増えているので、相見積りを取ることもとても大切です。

見積もりを取るときには、大体訪問して見積りを取ってくれますが、訪問してくれない場合は悪徳業者の可能性があるので、慎重に業者を選ぶようにしましょう。

遺品整理 サービス ブログ05

無料見積

24時間いつでもご依頼いただけます。
後ほど、担当者よりご連絡をさせて頂きます。

お問い合わせ

遺品整理について疑問がございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※電話受付9:00〜20:00(年中無休)

WEB限定割引10%OFF 無料見積