ブログ

■遺品整理で出てきた服の7つの処分方法!処分前の注意点も

遺品整理の際、意外に困るのが服の処分です。

服を大事にしている高齢者の方は、これまで何十年にわたって購入してきた服を、自宅に溜め込みがちです。

 

そのため、遺品整理の際には、故人の服が大量に出てきやすいのです。

服は劣化しやすく、素材によっては虫がつくこともあるので、早めの処分を心がけましょう。

 

とはいえ、大量にありすぎて、どのように処分していいのか分からないという方もいるでしょう。

そこで今回はそんな方のために、遺品整理で出てきた服の処分方法について説明していきます。

遺品整理 服 処分 ブログ01

遺品整理で出てきた服は最初に仕分けしよう

 

遺品整理で出てきた大量の服は、まずは以下の3つに仕分けしていきましょう。

 

  • 残しておくもの
  • 捨てるもの
  • 保留にしておくもの

 

段ボールを複数用意し、それぞれに「いる物」「いらない物」「保留」などと書きましょう。

残しておく物はいる物の箱に、捨てる物はいらない物の箱に投入していけば、仕分けがスムーズに進められます。

 

故人が大切にしていた思い出の服や形見分けしたい服、売ればお金になりそうなブランド物の服などは残しておきましょう。

汚れていたり、傷んでいるもの、誰も着ないような服は捨てる物に仕分けします。

 

それ以外の服は、保留にしておくといいでしょう。

服が大量にある場合、残しておくか捨てるかでいちいち迷っていては、仕分けがなかなか進みません。

 

判断に困るものはいったん保留にしておいて、後で残すか捨てるかを決めるといいでしょう。

 

遺品整理で出た服を処分する前にしておきたい2つのこと

 

服を処分する前に、以下2つのことをしておきましょう。

 

  • 遺言書がないか確認しておく
  • 服の写真を撮っておく

 

この2つをしておけば、大切な服を処分してしまったり、逆に処分できずに困ったりすることを防げます。

ここでは、その理由について説明していきます。

遺品整理 服 処分 ブログ02

遺言書がないか確認する

 

遺言書を確認する前に、服を処分しないようにしましょう。

遺言書には、故人が残しておいてほしいと思っていたり、形見分けしたいと思っている服のことが書かれている可能性もあります。

 

もしかしたら、売れば高値がつく服のことも、書かれているかもしれません。

その事実を知らずに服を処分してしまえば、後悔することになってしまいます。

 

そうならないためにも、遺言書がないか、服を処分する前に確認しておきましょう。

 

服の写真を撮っておく

 

遺品整理で服を仕分けしたものの、残すか捨てるかで判断に迷う服がたくさんある場合は、写真に撮っておきましょう。

 

いくら故人の思い出が詰まっているからといって、大量の服を残しておいても、自分で着ることがない以上、収納スペースを占拠してしまうだけです。

そのような際には、服を写真に撮っておきましょう。

 

写真に収めておけば、収納スペースを占拠することなく、思い出を残しておけます。

 

遺品整理で出た服の7つの処分方法

 

ここからはいよいよ、服の処分方法について紹介していきます。

遺品整理で出てきた服の処分方法は、主に以下7つあります。

 

  • 故人に着せてあげる
  • 形見分けする
  • ゴミに出す
  • リサイクルショップなどに買い取ってもらう
  • 寄付する
  • お焚き上げしてもらう
  • 遺品整理業者に回収してもらう

 

ここでは、それぞれの方法について説明していきましょう。

遺品整理 服 処分 ブログ03

遺品整理で出た服の処分方法①故人に着せてあげる

 

葬儀がこれからの場合は、故人にお気に入りの服を着せてあげるといいでしょう。

着せられない場合は、体の上に掛けてあげるのもできます。

 

お気に入りの服と一緒に葬儀をしたら、故人も浮かばれることでしょう。

 

遺品整理で出た服の処分方法②形見分けする

 

故人の服は、葬儀や法事などで親族が集まったときに、形見分けしてもいいでしょう。

親族だけでなく、故人の友人に形見分けすることも検討しましょう。

 

遺品整理で出た服の処分方法③ゴミに出す

 

仕分けの際にいらないものに分類した服は、ゴミに出しましょう。

服が何ゴミになるかは自治体によって違うので、遺品整理の際に処分するときは、事前に故人宅の自治体のルールを確認しておきましょう。

 

遺品整理で出た服の処分方法④リサイクルショップなどに買い取ってもらう

 

状態が悪くなければ、服はリサイクルショップに買い取ってもらうことも可能です。

ただしノーブランドの服の場合、引き取ってはもらえても、まともな値段がつくことは期待できません。

 

一方でブランド物の服や、素材が良いものなら、高値がつくことも期待できるでしょう。

こうした価値のある服をお金に換えたいなら、ネットオークションやフリマアプリ、フリーマーケットで売りに出すという方法もあります。

遺品整理 服 処分 ブログ04

遺品整理で出た服の処分方法⑤寄付する

 

服は、NPO法人などに寄付することも可能です。

寄付した服はNPO法人がリユースしたうえで販売し、そこでの収益は日本赤十字社やユニセフなどに寄付されることが多いです。

 

送料を負担しなければなりませんが、社会貢献できることがメリットです。

 

遺品整理で出た服の処分方法⑥お焚き上げしてもらう

 

「お焚き上げ」とは、お寺や神社などで遺品を焼いてもらうことを指します。

 

お焚き上げされた遺品は、天国に還ると言われています。

つまりお焚き上げをしてもらうことで、服を故人のもとに送ってあげられるのです。

 

故人のお気に入りの服があれば、お焚き上げしてもらうといいでしょう。

 

遺品整理で出た服の処分方法⑦遺品整理業者に回収してもらう

 

遺品整理を業者に依頼すれば、故人宅に残った不要品を全て、スタッフが回収していってくれます。

お金はかかりますが、片付けの時間や手間がかからないことが最大のメリットです。

 

故人の服が大量に残っている場合や、それ以外の遺品がたくさんある場合は、依頼を検討してみるといいでしょう。

 

まとめ

 

遺品整理で出た服の処分方法は、主に以下7つあります。

 

  • 故人に着せてあげる
  • 形見分けする
  • ゴミに出す
  • リサイクルショップなどに買い取ってもらう
  • 寄付する
  • お焚き上げしてもらう
  • 遺品整理業者に回収してもらう

 

故人が大切にしていた服は、葬儀の際に着せてあげたり、お焚き上げしてもらったりすれば、喜ばれることでしょう。

 

不要な服は、ゴミに出したり、買い取ってもらったり、寄付する、遺品整理業者に依頼するなどの方法があります。

それぞれにメリットやデメリットがあるので、ぜひこの記事を参考にして、自分に合った方法で処分するようにしましょう。

遺品整理 服 処分 ブログ05

無料見積

24時間いつでもご依頼いただけます。
後ほど、担当者よりご連絡をさせて頂きます。

お問い合わせ

遺品整理について疑問がございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※電話受付9:00〜20:00(年中無休)

生前整理業者のWEB限定割引費用